【犬が餌を食べない時の対処法】子犬はわがまま!老犬は食欲自体が減退

愛犬が餌を食べないと不安ですよね。

ただのわがままや犬ならではのこだわりなら可愛いものですが、中にはワンちゃんの健康に関わることかもしれないので、飼い主である私達はいつもヒヤヒヤしていまいます。

そこでこの記事では「犬が餌を食べない理由」を紹介していきたいと思います。

 

子犬が餌を食べない理由について

私の愛犬も子犬ですが、いつもごはんを完食していたワンちゃんが、突然食べなくなることがありますよね。

子犬の場合、原因はいろいろありますが、大きく分けると、「体調不良」と「わがまま」になるみたいですよ。

子犬が餌を食べない時は「体調不良」か「わがまま」か判断しよう!

 

子犬が餌を食べなくなるほどの「体調不良」の主な症状は

  • 病気
  • 夏バテ
  • 口内のトラブル
  • 誤飲誤食
  • 運動不足
  • 歯の抜け変わり
  • 生理(メスの場合)

などが考えられます。

普段のワンちゃんと比べて元気が無く見えたり、じっとしていること印象が強くなるなど、行動が少なくなりがちになります。

子犬の飼い主であれば、いち早く気付きたいポイントですね。

このような場合は、子犬のかかりつけの獣医さんに相談し、餌を食べない原因を特定しいち早く解決することが重要です。

子犬の運動不足の場合は、ボール遊びや散歩などの運動をさせてあげて、しっかりとお腹を空かせてあげることで、子犬がちゃんと食べるようになる場合が多いですよ。

多くの子犬の飼い主さんが悩むのは、愛犬が「わがまま」になって食べないのでは? と感じるときです。

その場合は対処法がさまざまで、ブリーダーによっては正反対のアドバイスが出てくることもあります。

臨機応変な対応が求められます。

 

子犬の気持ちも配慮して餌をあげよう

まず、「子犬の持つわがまま」の正体は何かと考えてみるのが大事です。

特に新しく家族に迎えた状態である子犬の場合、元の家族と離れてホームシックになっていることが原因で餌を食べないこともあります。

他にも元々食べていたドッグフードと違うものが出てくるとビックリして、食べるのをためらうこともあります。

また生後半年を過ぎたあたりの子犬の場合、反抗期になっていることも考えられますね。

子犬に対して飼い主ができる餌やりの工夫とは?

子犬のためにも、飼い主の餌やり努力は必要不可欠。

可愛い子犬のために飼い主側ができる餌やりの工夫としては「ドッグフードの与え方に工夫をいれる」「食器・環境の見直しで餌が食べやすい環境に工夫をいれる」「ドッグフードの保存方法の見直しで餌をたべるように工夫をいれる」などが考えられますよね。

我が家の子犬餌やり対策を紹介!

特に私の子犬は「あるお皿を使ったときのみ」餌への食いつきが上がる傾向がありました。

なのでちょっと落ち込んでたり、元気がなくて餌を食べようとしない時のみそのお皿を利用することで、毎日しっかりと餌を食べることが出来ています。

 

老犬・シニア犬が餌を食べない原因と対処法について

 

シニア犬や老犬の場合、子犬よりも餌を食べない要因が多くなるので、なかなか見極めが大変になってきます。

その中でも、特に餌を食べなくなる原因として多いのが「年齢による基礎代謝の低下」が考えられます。

これは人間でも同じことが言えまして、日常でエネルギーを消化しなくなったからその分ご飯が食べれないという理由です。

シニア犬・老犬になると、唾液や胃腸の分泌物など消化機能全般の働きも弱くなります。

それに伴い、腎臓や肝臓などの能力も低下していきますので、この様な原因により、犬が本来持っていた食欲そのものがなくなってしまいます。

あまりにも老犬が食べない状態は、我々飼い主にとってはとても不安なものですよね。

できるだけ餌の香りが立つよう温める、老犬でも食べやすく、しかも食べごたえのある半生タイプのごはんに買い換える、など犬の食欲をそそる工夫をして、餌の時間が楽しくなるように工夫しましょう。

やはり餌を食べれない=必要な栄養素が摂取できないということですから、最低限は無理矢理でも食べてもらわないと困りますよね。

そこで餌を食べさせるためのコツを教えたいと思います。

 

老犬・シニア犬に餌を食べさせる具体的な方法

 

それは「老犬用のドッグフードに変える&温めて食べさせてあげる」です。

老犬用のドッグフードは、まさに年老いた犬が抱える問題を、解決するために作られているので、今まで食べていた餌と変えるだけでかなりの効果に期待できはずです。

さらに餌を温めてあげることで、香りで老犬の食欲をそそることができます。

とにかく老犬には食べやすさ重視で餌を選ぶのが最大のコツです。

 

老犬が餌を食べないときに注意したいこと

今まで食べていたドッグフードを替える際には、一気に替えてはいけません。

やり方としては、犬が今まで慣れ親しんできたものに、ちょっとずつ新しいドッグフードを混ぜることからはじめましょう。

また、老犬の場合、病気による食欲減退の可能性も考えられます。

定期的に獣医師の検査・アドバイスを受けることも忘れずにいてくださいね。それこそが飼い主の努めですよ。

すでに慢性的な病気をかかえている事が判明している老犬が餌を食べないときは赤信号かもしれません。

犬のためにも最優先で獣医師に相談してしっかり指導を受けることが大切です。