【サプリメントを噛む飲み方は危険】お茶と一緒に噛んで飲んだら後悔した

サプリメントを噛んで飲んだ事はありますか?

僕はあります。

サプリメントを継続的に飲んでいると、ふと「このサプリメント、噛んで飲んだらどんな味なんだろう…」と思うことがありますよね。

他にも

  • 噛んで飲んだら危険なのか
  • 噛んで飲むと効果は薄くなるのか

など気になる点はたくさんあります。

そこでこの記事は、実際に噛んで飲んだ経験のある私が、様々な調査結果を報告したいと思います。

 

サプリメントを噛んで飲む事のメリット

サプリメントを噛んで飲むことのメリットは正直ありません。

強いて上げるとすれば「好奇心が満たされる」ということだけです。

やはりサプリを継続していく中で、飲む度に「中身の味が気になる…」と思っていたら、ずっとモヤモヤした気持ちが残りますよね。

そのモヤモヤが取れるので、一度くらいは試してもいいのかな?と思います。

しかし噛んで飲むと、やったあと後悔します(笑)

 

サプリメントは噛んで飲んだら効き目が早くなる?

このような噂はよく聞きますが、完全に都市伝説です。

つまり効き目に影響は無いと考えます。

むしろ遅くなる可能性は考えられますよね。

なぜならサプリメントは胃の中で消化されるときに適切なタイミングで溶けて、体内に吸収されるように設計されているので、その意味を完全に消すことと同義だからです。

なのでネットの噂や友人の話を鵜呑みにして噛んで飲むのは、逆効果だと言えます。

サプリメントを噛んで飲むことのデメリット

サプリメントは、噛んでもいいことがあまりないですが、その反面デメリットはいくつかあります。

先ほど紹介した、サプリの理想的な体内吸収が阻害されるのも一つの弊害だと考えられますが、

他にはどんな弊害があるのでしょうか。

 

サプリの中身は味がマズいから飲む気が失せる

僕が感じるデメリットは味がマズいことにあります。

サプリメントは継続的に飲むことで最大の効果を発揮する健康食品なので、味がまずくて継続する気が失せてしまうのはまさに死活問題です。

言葉にするのはむずかしいですが、一言で言えばかなり苦いです。

とてもじゃないけど、噛んでサプリを飲むのを続けるのは無理があると思います。

【副作用のリスクは?】サプリメントを噛んで飲んでも安全なのか

サプリメントは健康食品なので、噛んで飲むことで健康的なリスクがあるということは無いです。

よって副作用などは基本的にあり得ません。

心配なのは「サプリ内の独特な臭いなどによる飲みにくさ」による継続の困難性ですかね。

やはり噛んで飲むことは色々な側面からオススメはできません。

中には「間違えて噛んで飲んでしまったけど大丈夫かな…」と心配する人はいるかもしれませんが、そこに関しては安心してもいいでしょう。

【まとめ】サプリメントは噛まずに正しく飲もう

 

大前提ですが、サプリメントは元々噛んで飲むように作られていません。

なのである意味用法を守っていないとも言えるので、効果が薄まっても文句は言えませんよね。

正しい飲み方で、しっかりと効果を感じることを優先に考えるべきであり、私のように好奇心にまかせてサプリメントを服用するのは止めましょう。